ガイドライン対訳 3.1 支払い 3.1.1 App内課金1 コンテンツコードの禁止

コンテンツコードの禁止
(訳注 雑誌の付録のQRコードを読み込むとゲーム内でアイテムが貰えるとかいうアレ。)
(訳注 なにが問題かと言うと、AppleのiPhoneという舞台を使って、Apple以外の会社(ココで言えば出版社ですね)がお金儲けをするのが許せないということ。)

App課金以外で、アプリ内で物(アプリ内で使うもの)を売ってはいけない。
(訳注 iOS版のKindleアプリで本が買えないのもコレが原因。動画コンテンツなんかもアプリ内で使いますよね)

原文
3.1 Payments
3.1.1 In-App Purchase:
If you want to unlock features or functionality within your app, (by way of example: subscriptions, in-game currencies, game levels, access to premium content, or unlocking a full version), you must use in-app purchase.
Apps may not use their own mechanisms to unlock content or functionality, such as license keys, augmented reality markers, QR codes, etc.
Apps and their metadata may not include buttons, external links, or other calls to action that direct customers to purchasing mechanisms other than in-app purchase.

公式翻訳
3.1 支払い
3.1.1 App内課金:
Appのコンテンツまたは機能(例:サブスクリプション、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、App内課金を使用して解放する必要があります。
コンテンツや機能を解放するため、ライセンスキー、拡張現実(AR)マーカー、QRコードなど、App独自の方法を用いることはできません。
App内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をAppやメタデータに含めることはできません。

Google翻訳
3.1支払い
3.1.1アプリ内購入:
アプリ内の機能や機能のロックを解除するには(登録、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンのロック解除など)、アプリ内購入を使用する必要があります。アプリケーションは、ライセンスキー、拡張現実マーカ、QRコードなどのコンテンツや機能のロックを解除するために、独自のメカニズムを使用することはできません。アプリケーションとそのメタデータには、購入メカニズムに顧客を誘導するボタン、外部リンク、アプリ内購入以外

 

by way of example 例として
subscriptions 定期購読、最近はサブルクリプションという言葉で押し通そうとしてますね。世の中的に。
currencies 通貨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です