ガイドライン対訳 3.1.2 (a)許容される使用方法

定期購読の最短周期は7日。
ユーザーの全デバイスに配信される必要がある。

原文
3.1.2(a) Permissible uses:
If you offer an auto-renewing subscription, you must provide ongoing value to the customer, and the subscription period must last at least seven days and be available across all of the user’s devices. While the following list is not exhaustive, examples of appropriate subscriptions include: new game levels; episodic content; multi-player support; apps that offer consistent, substantive updates; access to large collections of, or continually updated, media content; software as a service (“SAAS”); and cloud support. In addition:

ongoing 継続中の
examples of appropriate subscriptions 適切なサブスクリプションの例

公式翻訳
3.1.2 (a)許容される使用方法:
自動更新のサブスクリプションを組み込む場合は、継続的な価値をユーザーに提供する必要があります。
サブスクリプションの周期は最低7日間とし、ユーザーのすべてのデバイスで利用できるようにする必要があります。サブスクリプションの適切な使用例には次のようなものがあります(すべて網羅しているわけではありません)。
新しいゲームレベル、コンテンツの新しいエピソード、マルチプレイヤー対応、定期的に実態のあるアップデートが提供されるApp、コレクションが多数にわたる、または定期的に更新されるメディアコンテンツ、サービスとしてのソフトウェア(「SAAS」)、クラウド対応、など。さらに以下についてご確認ください。

Google翻訳
3.1.2(a)許可される用途:自動更新契約を提供する場合は、継続的な価値を顧客に提供しなければならず、購読期間は少なくとも7日間存続し、ユーザーの全デバイスにわたって利用可能でなければなりません。以下のリストは網羅的ではありませんが、適切なサブスクリプションの例には、新しいゲームレベル、エピソードコンテンツ。マルチプレーヤーのサポート。一貫した実質的なアップデートを提供するアプリ。大規模なコレクション、または継続的に更新されるメディアコンテンツへのアクセス サービスとしてのソフトウェア(「SAAS」)。クラウドサポート。加えて:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です