3分で読めるApp Store Review ガイドライン 3.2.2

ガイドライン3.2.2 を分かりやすく砕けた表現でまとめました。
ざっくりとイメージを掴むのにご利用ください。
実際に開発を行う前には、必ず本物のガイドラインを参照してください。

3.2.2 許容されない行為 (i)

他社製アプリの広告をAppStoreのデザインを真似て表示することは禁止されている。
(訳注 他社製アプリの宣伝と、AppStoreのデザインを真似ることの2つが禁止されている)


3.2.2 許容されない行為 (ii) 端末の既存機能を販売するのは禁止

カメラ機能やiOSにはじめから入っている機能を、あたかもアプリ独自の機能家のようにうたって利益を得るのは禁止。


3.2.2 許容されない行為 (iii) 広告のみのアプリは禁止

広告を表示する機能しかないアプリは禁止
アプリ内の広告を人為的に増やす仕組みを入れたアプリは禁止


3.2.2 許容されない行為 (iv) 許可を受けてない団体の募金アプリ禁止

Appleにより認可を受けた団体以外がアプリで募金を集めること禁止
認可された募金アプリは無料で配布すること。


3.2.2 許容されない行為 (v) ユーザーの制限

キャリアや位置情報でアプリの使用を制限することを禁止
(訳注 国による利用制限は、アプリの配信国を制限すれば良い)


3.2.2 許容されない行為 (vi)要求で機能アンロック禁止

アプリのダウンロード、広告のクリック、いいね!の強要等で機能をアンロックするのは禁止。
お金を払ったのに、さらになにか作業をしないと機能が使えないというのは禁止。


3.2.2 許容されない行為 (vii) 他のサービスのユーザー情報をいじるの禁止

他のサービスのユーザー情報をいじるの禁止


3.2.2 許容されない行為 (viii)バイナリオプション取引禁止

バイナリオプション取引は禁止
CFD、デリバティブ取引はその地域の法律を守ること。


3.2.2 許容されない行為 (ix)作業の強要の禁止

機能を使ったりコンテンツを参照する場合に、いいね評価や別のアプリのダウンロードを強要することは禁止されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です