ガイドラインでみる、インドの迷惑電話フィルタリングアプリDND 騒動

はじめに

インドでは迷惑メールや迷惑電話が社会問題になっている

インド政府がこれらのフィルタリングアプリDND(Do not Disturb)をつくる

2018年7月 これをAppleがリジェクト

インド政府がDNDが入ってないiPhoneはネットに繋がせないようにすると宣言

つまり、DNDをインストールできるようにしないとインドではiPhoneが1台も売れないことになる

インドでiPhoneを売りたいAppleはパニック
(ちなみにインドの現在のiPhoneシェアは1%)

Apple、DNDを許可する。

これは非常に問題のある動きです。国家レベルで脅しをかければガイドラインを変えられるということになります。
たとえば中国はAndroid端末を作れる国です。今後、中国が同じことを仕掛けてきたら、確実に屈するでしょう。

正式に発表が出てないみたいなので私の想像ですが、今回の問題で接触したとみられるガイドラインは以下のとおりです。

2.5 ソフトウェア要件
2.5.12 CallKitやSMS Fraud Extensionを使用するAppでは、スパムであることが確認されている電話番号のみブロックするようにしてください。「call-」「SMS」「MMS-」のブロック機能やスパム検出機能を実装したAppでは、マーケティングテキストでその機能を明確に示し、ブロックやスパムリストの基準を説明する必要があります。

5.1 プライバシー
Appleのエコシステムにおいて、ユーザーの個人情報の保護は最優先に扱われます。個人のデータは慎重に扱い、ユーザーの期待に応えることはもちろん、プライバシーのベストプラクティス(英語)、すべての適用法および「Apple Developer Program使用許諾契約(英語)」の規約に準拠することが求められます。

5.1.2 データの使用と共有
(ii)法律で明示的に許可されている場合を除き、特定の目的のために収集されたデータを、ユーザーの同意をあらためて取ることなく、別の目的に使用することはできません。
(iii)Appで収集したデータに基づき、密かにユーザープロファイルを構築することは許可されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です