ガイドライン対訳 4.2.6 テンプレートアプリは基本的に禁止(重要項目)

(訳注 はじめに
テンプレートアプリとは、一つのアプリのソースをベースにして、一部分だけ変更した複製アプリのこと。Appleとしては、同じようなアプリがストアに氾濫することが予想されるため、できるだけ禁止したいと考えている。実際に、2017年にはガイドラインで全面禁止されたこともある。ただし、それはクレームにより撤回された)

テンプレートアプリはそのテンプレートを作っている業者がデベロッパーになってはいけない。
(訳注 たとえばレストランAとレストランBが同じテンプレートを使ってアプリを出す場合は、レストランAとレストランBがそれぞれ別々にAppleとデベロッパー契約しなければいけない。)

同じようなアプリはまとめなさい。
(訳注 たとえばレストランA情報アプリ、レストランB情報アプリと作るのではなく、レストラン総合情報アプリを作って、その中でレストランA情報、レストランB情報と選択できるようにしなさい。ということ。)

原文
4.2.6
Apps created from a commercialized template or app generation service will be rejected unless they are submitted directly by the provider of the app’s content.
These services should not submit apps on behalf of their clients and should offer tools that let their clients create customized, innovative apps that provide unique customer experiences.
Another acceptable option for template providers is to create a single binary to host all client content in an aggregated or “picker” model, for example as a restaurant finder app with separate customized entries or pages for each client restaurant, or as an event app with separate entries for each client event.

commercialized コマーシャライズド 、商品化された
the provider of the app’s content コンテンツプロバイダ(コンテンツを提供する側の人)
behalf n.代理
on behalf 代理で
aggregated 集約された

公式翻訳
4.2.6 有料のテンプレートやApp作成サービスを使用して制作されたAppは、コンテンツのプロバイダから直接提出されたものでない限り却下されます。
こうしたサービスのプロバイダは、顧客の代わりにAppを提出するのではなく、独自のユーザーエクスペリエンスを提供する革新的なAppを、顧客が自身で作成することができるようなツールを提供する必要があります。
また、こうしたサービスのプロバイダは、1つのバイナリを作成してすべてのクライアントコンテンツを統合型、もしくは「ピッカー」モデルでホストすることができます。
たとえば顧客である複数のレストランが、カスタマイズされた個別のエントリやページで表示されるレストラン検索Appや、さまざまな顧客の複数のイベントが個別のエントリで表示されるイベント情報Appなどを提出することができます。

Google翻訳
4.2.6商品化されたテンプレートやアプリ生成サービスから作成されたアプリは、アプリのコンテンツのプロバイダから直接提出されない限り拒否されます。これらのサービスは、クライアントに代わってアプリを提出してはならず、独自の顧客体験を提供するカスタマイズされた革新的なアプリをクライアントが作成できるツールを提供する必要があります。テンプレートプロバイダのもう1つの選択肢は、集計された「ピッカー」モデルのすべてのクライアントコンテンツをホストする単一のバイナリを作成することです。たとえば、各クライアントレストランの個別のカスタマイズされたエントリまたはページを持つレストランファインダアプリケーションや、各クライアントイベントごとに別々のエントリ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です