[iOS]ヒューマンインタフェースガイドライン(HIG)

iOSのヒューマンインタフェースのガイドライン(HIG)についての記述で間違っているものはどれか?

1.iOSらしいデザインのポイント(Theme)は Clarity / Deference / Depth である。
2.iOSのデザインの原則は Aesthetic Integrity / Consistency / Direct Manipulation / Feedback / Metaphors / User Control の6つである。
3.アプリデザインの中でHIGに則っていないものが一つでもあればリジェクトされる。
4.UIKitで提供されるのは、バー、ビュー、コントロールの3つのカテゴリに分類される。


 

・HIG の オーバービューにある説明からの抜粋です。iOSデザインは3つのテーマと6つの原則から成り立っています。(2018/01/07現在)

・HIGは方向性を示しているだけで、すべてを満たしている必要はないはずです。ただし、私の経験上、一発でリジェクトされる項目もあります。写真のアスペクト比がおかしいとか、2倍解像度画像が使用されていないとかいう場合は、かなり危険だと思います。ということで正解は3番です。

・リジェクトされなくても、いったん問い合わせが来てリリースが遅れる可能性があります。この画像歪んでない?って。

・UIKitで提供されるのは、バー、ビュー、コントロールです。

・バーはナビゲーションを行い、現在位置を示します。

・ビューにはテキストや画像などのコンテンツが表示されます。

・コントロールは、情報を伝達するためのものです。ボタンやインジケーターがそれにあたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です