プライベートAPI

プライベートAPIについて正しいものはどれか

  1. ソースコードを提出しているわけではないので、プライベートAPIを使用していてもバレることはない。
  2. プライベートAPIを使用していると、XCODEでのビルド時にエラーが発生する。
  3. プライベートAPIを使用していると、iTunes Connectへのアップロード時に警告が出る。
  4. プライベートAPIは非公開APIや隠しAPIと呼ばれることもある。
  5. プライベートAPIは開発者が個人で作成し、ソースコードを一般に公開していない関数のこと。


 

  • Appleだけが使って良い、秘密の便利な命令のこと。一般開発者が使うとリジェクト。隠しAPI、非公開APIなどとも呼ばれます。
  • 逆に、使って良いAPIはパブリックAPIと呼ばれます。
  • Androidにも、使ってはいけない命令というのがありますが、Androidの場合は実行時にエラーになるので審査に出す前に、「あ、ダメなんだな」と気付くことができます。
  • 正解は4。Appleはソースコードを見なくても、プライベートAPIを使っていることがわかります。なんかコマンドで調べられるそうなので、おそらくここは機械的に審査しているのではないでしょうか?
  • ネットワーク関係やセキュリティ関係を無視する処理などを入れていると、プライベートAPIでなくてもリジェクトされることがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です