[iOS]iPhoneのUDIDを調べる方法

以下のiPhoneのUDIDを調べる方法の内、誤っているものはどれか?

1.iPhoneの設定アプリから「一般」−「情報」を選択し、端末情報を表示する。
2.XcodeのDevices画面から該当端末を選択してUDIDを表示する。
3.iTunesから該当端末を選択してUDIDを表示する。
4.Instrumentsコマンドを使用してUDIDを表示する。


・UDIDはiPhoneからは表示することができません。設定画面からも当然表示することはできません。したがって誤っているのは1番になります。

・UDIDを表示するのはPC/MacにiPhone実機を接続していることが前提条件になります。

・[Devices画面を使う方法] iPhoneをマシンに繋いだ状態で、XcodeのDevicesウィンドウを起動し、該当端末を選択してidentifire を確認することで、UDIDを表示することができます。

・[iTunesを使う方法]iPhoneをマシンに繋いだ状態で、該当端末を選択した後、「概要」をクリックします。シリアル番号が表示されますので、そのシリアル番号をクリックするとシリアル番号がUDIDに変わります。

・このiTunesを使う方法が、もっとも一般的な方法です。遠隔地にいる方にUDIDを調べてもらう方法はこれが一番スムーズでしょう。

・[instruments コマンドを使う方法] instruments -s devices と入力することで、接続されている端末のすべてのUDIDを表示することができます。instrumentsコマンドはXcodeがインストールされていないと動作しません。

メモ Instrumentsについて
読み インストゥルメンツ 意味:計器、機械、楽器など
Xcodeに付属している高機能デバッグツール。アプリの性能評価やメモリ使用量の計測、CPU使用率の測定などができる。
コマンドラインからも実行が可能。
今回はUDIDの取得に使用しました。

メモ Instrumentsを使ったUDID表示について
Instruments -s devicesを使用すると、そのMacの端末に割り当てられているUDIDも表示されます。また同時にシミュレーターのUDIDも同時に表示されますので、実機のUDIDと間違わないように気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です