2018-07-14 AppStore ガイドライン 日本語版 変更点 2/4

英語版2018/06/04の公式日本語訳になります。
この日本語版は2018/07/14頃に公開されました。


大幅変更 3.1.1 App内課金:

全文を読み直したほうがいい。

3.1.1 In-App Purchase:
If you want to unlock features or functionality within your app, (by way of example: subscriptions, in-game currencies, game levels, access to premium content, or unlocking a full version), you must use in-app purchase. Apps may not use their own mechanisms to unlock content or functionality, such as license keys, augmented reality markers, QR codes, etc. Apps and their metadata may not include buttons, external links, or other calls to action that direct customers to purchasing mechanisms other than in-app purchase.
Apps may use in-app purchase currencies to enable customers to “tip” digital content providers in the app.
Any credits or in-game currencies purchased via in-app purchase may not expire, and you should make sure you have a restore mechanism for any restorable in-app purchases.
Remember to assign the correct purchasability type or your app will be rejected.
Apps should not directly or indirectly enable gifting of in-app purchase content, features, or consumable items to others.
Apps distributed via the Mac App Store may host plug-ins or extensions that are enabled with mechanisms other than the App Store.
Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.
Non-subscription apps may offer a free time-based trial period before presenting a full unlock option by setting up a Non-Consumable IAP item at Price Tier 0 that follows the naming convention: “XX-day Trial.” Prior to the start of the trial, your app must clearly identify its duration, the content or services that will no longer be accessible when the trial ends, and any downstream charges the user would need to pay for full functionality. Learn more about managing content access and the duration of the trial period using Receipts and Device Check.

3.1.1 App内課金:
アプリケーションのコンテンツまたは機能(例:サブスクリプション、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、App内課金を使用して解放する必要があります。コンテンツや機能を解放するため、ライセンスキー、拡張現実(AR)マーカー、QRコードなど、アプリケーション独自の方法を用いることはできません。App内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をアプリケーションやメタデータに含めることはできません。
ただし、ユーザーがApp内課金で購入した通貨で、デジタルコンテンツプロバイダにアプリケーション内で「チップ」を払うようにすることはできます。
App内課金で購入されたクレジットやゲーム内通貨に有効期限を設定することはできません。また、返還可能なApp内課金を導入する場合は返還のメカニズムを実装する必要があります。
適切な課金タイプを割り当てていない場合、アプリケーションは却下されます。
App内課金で手に入れたコンテンツ、機能、消耗アイテムを直接的または間接的に他のユーザーに譲渡できるようにすることはできません。
Mac App Storeで配信されるアプリケーションでは、App Storeとは別の方法で有効化されるプラグインまたはExtensionを使用することができます。
「ルートボックス」などの方法でバーチャルアイテムをランダムに購入できるアプリケーションでは、各種アイテムの入手確率を明記して、ユーザーが購入前に確認できるようにしてください。
サブスクリプション方式ではないアプリケーションでは、まず一定期間の無料トライアルを提供し、その後フルバージョンをアンロックする選択肢を提示することができます。その場合、「XX日間お試し(XX-day Trial)」といった命名規則に従った非消耗型のApp内課金アイテムを、Tier 0の価格帯で設定する必要があります。無料トライアルの開始前に、トライアル期間の長さ、トライアル終了後に利用できなくなるコンテンツやサービス、フルバージョンを再度利用するためにかかる料金を、アプリケーション内で明確に示す必要があります。レシートおよびDeviceCheck(英語)を使用して、コンテンツへのアクセス権やトライアル期間の長さを管理する方法について詳しくは、リンク先をご確認ください。


・微変更 3.1.2(c) サブスクリプションに関する情報:

単語と言い回しが若干変更。

3.1.2(c) Subscription Information: Before asking a customer to subscribe, you should clearly describe what the user will get for the price. How many issues per month? How much cloud storage? What kind of access to your service? Ensure you clearly communicate the requirements described in Schedule 2 of the Apple Developer Program License Agreement, found in Agreements, Tax, and Banking.

3.1.2 (c)サブスクリプションに関する情報:ユーザーにサブスクリプションを促す際は、その価格でユーザーが何を入手できるかを事前に明確に説明する必要があります。1か月当たりの発行回数は何回か。クラウドストレージの容量はどれくらいか。サービスにアクセスする方法にはどのようなものがあるか。など。「契約/税金/口座情報」で確認できる、Apple Developer Program使用許諾契約の添付資料2で説明されている要件も必ず明示する必要があります。


細分化  3.1.3(a)「リーダー」アプリケーション

(a)と(b)に別れて詳細になった。全文確認の必要あり。

3.1.3(a) “Reader” Apps: Apps may allow a user to access previously purchased content or content subscriptions (specifically: magazines, newspapers, books, audio, music, video, access to professional databases, VoIP, cloud storage, and approved services such as classroom management apps), as well as consumable items in multi-platform games, provided that you agree not to directly or indirectly target iOS users to use a purchasing method other than in-app purchase, and your general communications about other purchasing methods are not designed to discourage use of in-app purchase.

3.1.3(b) Multiplatform Services: Apps that operate across multiple platforms may allow users to access content, subscriptions, or features they have acquired elsewhere, provided those items are also available as in-app purchases within the app. You must not directly or indirectly target iOS users to use a purchasing method other than in-app purchase, and your general communications about other purchasing methods must not discourage use of in-app purchase.

3.1.3(a)「リーダー」アプリケーション:iOSユーザーをApp内課金以外の購入方法に直接または間接的に誘導しないことにデベロッパが同意し、他の購入方法についてデベロッパが発信する情報がApp内課金を利用する意思を低下させるものでない限り、アプリケーションの外部で以前に購入したコンテンツまたはコンテンツのサブスクリプション(具体的には、雑誌、新聞、書籍、オーディオ、音楽、ビデオ、プロ向けデータベースへのアクセス、VoIP、クラウドストレージ、授業管理アプリケーションなどの承認済みサービス)に、アプリケーションの内部からユーザーがアクセスできるようにすることは許可されています。

3.1.3(b)マルチプラットフォームサービス:複数のプラットフォームで動作するアプリケーションでは、ユーザーが別の場所で入手したコンテンツ、サブスクリプション、機能にアクセスできるようにすることができます(マルチプラットフォームのゲームにおける消耗アイテムなどを含む)。ただし、そうしたアイテムをアプリケーション内のApp内課金アイテムとして購入できるようにする必要があります。iOSユーザーをApp内課金以外の購入方法に直接または間接的に誘導したり、他の購入方法について発信する情報を通して、ユーザーがApp内課金を利用する意欲を低下させたりすることは禁止されています。


・一部削除  3.1.4 特定のハードウェアを必要とするコンテンツ

コンテンツコード: → 特定のハードウェアを必要とするコンテンツ: にリネーム

コンテンツコードに関する記述が削除(実際は3.1.1に移動なので、許可されたわけではない。がっかり)

3.1.4 Hardware-Specific Content: In limited circumstances, such as when features are dependent upon specific hardware to function, the app may unlock that functionality without using in-app purchase (e.g. an astronomy app that adds features when synced with a telescope). App features that work in combination with an approved physical product (such as a toy) on an optional basis may unlock functionality without using in-app purchase, provided that an in-app purchase option is available as well. You may not, however, require users to purchase unrelated products or engage in advertising or marketing activities to unlock app functionality.

3.1.4 特定のハードウェアを必要とするコンテンツ:アプリケーションのある機能の動作に特定のハードウェアが必要である場合など、いくつかの限られた状況でのみ、App内課金を使用しなくても機能を解放することができます(たとえば、望遠鏡と同期することで機能が追加される天文学のアプリケーションなど)。オプションとして物理的製品(玩具など)と連動して機能するアプリケーションでは、App内課金で同等の機能が解放できるオプションがある限り、玩具などの物理的製品でも機能を解放することができます。ただし、アプリケーションの機能を解放するために無関係の商品を購入したり、広告またはマーケティング活動を行うようユーザーに要求したりすることはできません。


・微変更 3.1.5(a) アプリケーションの外部で使用する商品やサービス

アプリケーションの外部で使用する物理的商品 → アプリケーションの外部で使用する商品

3.1.5 (a) Goods and Services Outside of the App: If your app enables people to purchase goods or services that will be consumed outside of the app, you must use purchase methods other than in-app purchase to collect those payments, such as Apple Pay or traditional credit card entry.

3.1.5(a)アプリケーションの外部で使用する商品やサービス:ユーザーがアプリケーションの外部で使用する商品やサービスをアプリケーションで購入できるようにする場合、そうした商品の支払いにはApp内課金以外(Apple Payや クレジットカードなど)の方法を使用する必要があります。


大幅変更 細分化 3.1.5(b)暗号通貨

銀行、仮想通貨関係の規約が細分化

仮想通貨ストレージの提供はエンタープライズアカウントのみ
マイニング禁止
暗号通貨の取引は取引所のみ許可
イニシャルコインオファリングは専門の業者のみ
ユーザーになんらかの行為を要求して仮想通貨をあげるのは禁止

3.1.5 (b) Cryptocurrencies:
(i) Wallets: Apps may facilitate virtual currency storage, provided they are offered by developers enrolled as an organization.
(ii) Mining: Apps may not mine for cryptocurrencies unless the processing is performed off device (e.g. cloud-based mining).
(iii) Exchanges: Apps may facilitate transactions or transmissions of cryptocurrency on an approved exchange, provided they are offered by the exchange itself.
(iv) Initial Coin Offerings: Apps facilitating Initial Coin Offerings (“ICOs”), cryptocurrency futures trading, and other crypto-securities or quasi-securities trading must come from established banks, securities firms, futures commission merchants (“FCM”), or other approved financial institutions and must comply with all applicable law.
(v) Cryptocurrency apps may not offer currency for completing tasks, such as downloading other apps, encouraging other users to download, posting to social networks, etc.

3.1.5(b)暗号通貨:
(i)ウォレット:組織として登録しているデベロッパに限り、アプリケーションで仮想通貨ストレージを提供することが許可されます。
(ii)マイニング:処理がデバイスの外部で実行されるもの(クラウドベースのマイニングなど)でない限り、アプリケーションで暗号通貨をマイニングすることはできません。
(iii)取引:取引所が直接提供する場合に限り、アプリケーションで、承認された暗号通貨の売買や送金を行うことができます。
(iv)イニシャルコインオファリング:イニシャルコインオファリング(ICO)、暗号通貨の先物取引、その他の暗号証券や準証券による取引を行うアプリケーションは、既存の銀行、証券会社、先物取引業者(FCM)、またはその他の承認された金融機関のみ提供することができます。またそうしたアプリケーションは、適用されるすべての法令に準拠している必要があります。
(v)暗号通貨のアプリケーションでは、他のアプリケーションをダウンロードする、他のユーザーにダウンロードを促す、ソーシャルネットワークに投稿するといったタスクの実行に対して通貨を提供することはできません。


新規追加 3.1.7 広告

広告の扱いが厳密化。悪質広告は出し辛くなる。

3.1.7 Advertising: Ads displayed in an app must be appropriate for the app’s age rating, allow the user to see all information used to target them for that ad (without requiring the user to leave the app), and may not engage in targeted or behavioral advertising based on sensitive user data such as health/medical data (e.g. from the HealthKit APIs), school and classroom data (e.g. from ClassKit), or from kids (e.g. from apps in the Kids Category), etc. Interstitial ads or ads that interrupt or block the user experience must clearly indicate that they are an ad, must not manipulate or trick users into tapping into them, and must provide easily accessible and visible close/skip buttons large enough for people to easily dismiss the ad.

3.1.7 広告:アプリケーションで表示される広告は、そのアプリケーションの対象年齢に適したものであり、ユーザーをターゲットとした広告の場合、そのために使用された情報を使用中のアプリケーションを閉じることなくユーザーがすべて見ることができるようにする必要があります。なお、ヘルスケア/医療データ(例:HealthKit API)、学校/授業のデータ(例:ClassKit)、子どものデータ(例:「子ども向け」カテゴリのアプリケーション)など、機密性の高いユーザーデータに基づく追跡型広告や行動ターゲティング広告を組み込むことはできません。インタースティシャル広告や、ユーザーエクスペリエンスを中断させたり妨害したりする広告では、広告であることをはっきり明示する必要があります。また、広告をタップするようユーザーの行動を操ったり、だましたりすることはできません。ユーザーが広告を簡単に閉じられるよう、操作しやすく見やすい、十分な大きさの「閉じる」ボタンや「スキップ」ボタンを用意する必要があります。


新規追加 3.2.2 許容されない行為  (ix)

コンテンツ開放のための評価の強制の禁止

(ix) Apps must not force users to rate the app, review the app, download other apps, or perform other similar actions in order to access functionality, content, or use of the app.

(ix)ユーザーがアプリケーションの機能やコンテンツにアクセスしたり使用したりする際、ユーザーに何らかのアクション(アプリケーションの評価やレビュー、他のアプリケーションのダウンロード、その他の同様の操作)を求めることは許可されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です