ガイドライン対訳 1.3 Kids Category 2

Kidsカテゴリのアプリでは、基本的にデータ収集を行ってはいけない。(各国の法律に従う必要があるので、やめておいたほうがいいです。)
Kidsカテゴリのアプリでは行動ターゲッティング広告を出してはいけない。(逆に考えれば、それ以外の広告は出しても良い。)
行動ターゲッティング広告…ユーザーのWeb履歴や行動からフォーカスした広告を出すこと。IDFA=Identification For Advertisers なんかをつかう。

 

原文
Apps in the Kids Category may not include behavioral advertising (e.g. the advertiser may not serve ads based on the user’s activity), and any contextual ads must be appropriate for young audiences.
You should also pay particular attention to privacy laws around the world relating to the collection of data from children online. Be sure to review the Privacy section of these guidelines for more information.


公式翻訳
「子ども向け」カテゴリのAppには、行動ターゲティング広告(ユーザーのアクティビティに基づいて表示される広告など)を組み込んではならず、すべてのコンテンツ連動型広告は子どもに適したものである必要があります。
また、子どもからデータをオンラインで収集することに関する、世界各地のプライバシー保護法に特に注意する必要があります。詳しくは、このガイドラインの「プライバシー」セクションを参照してください。

Google翻訳
Kidsカテゴリのアプリには行動広告は含まれていない可能性があります(たとえば、広告主はユーザーの行動に基づいて広告を配信できない可能性があります)。コンテンツ広告は若者にとって適切なものでなければなりません。 また、オンラインの子供たちからのデータ収集に関する世界各国のプライバシー法にも注意を払う必要があります。 詳細については、このガイドラインのプライバシーに関するセクションを必ず確認してください。

behavioral advertising = behavioral targeting advertising 行動ターゲッティング広告
e.g. 例えば
advertiser 広告主
appropriate 適切な
pay attention to 注意する ( 本文では、副詞particularが入って修飾されている pay particular attention to )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です